「自費出版」とは、自分の費用で小説などの作品を出版する、ということまでは分かっていても、細かいことについてよくわからない、という人は多いですよね。自費で出版するといってもいろいろな方法があり、それによって費用や売り方なども変わってきます。まず、まったく自分で執筆から販売まで手がける方法は「個人出版」と呼ばれます。これは、作品を書いてから編集や印刷、販売までをすべて自分で行う出版方法を差し、一見すごく大変そうなイメージですが、専門の業者に依頼することで作品のアイディアや販売などを請け負ってもらうこともできるので、やり方によってはそこまで大変ということもないようです。ただ、業者を使えばその分費用はかかりますので、よろい予算を抑えたいということであれば、イチから自分で手がける必要があります。

企画出版とは?

「企画出版」は、自費で出版するというものとは少し違うのですが、自費出版を行なう会社が手がけていることが多いので、こちらも説明しておきましょう。企画出版は、例えば何かの文学賞などに応募した際、受賞はしなかったけれど優秀な作品であると出版社が判断した場合、「出版社の企画で出版をしないか」と作者に持ちかけ、作品を執筆して出版する方法です。企画出版は作家デビューするための方法のように捉えがちですが、出版社の企画に合わせた作品を執筆しますので、自分の作品というものからは遠ざかってしまいます。とにかく自分の名前で出版がしたい、出版に関わりたいと考えている人にとっては大きなチャンスだといえるでしょう。

協力出版について

協力出版は、自費での出版と企画出版の間のような出版方法で、費用を出してもよい作品ではあるけれど、売上が悪かった場合、採算が取れなかった分のの費用については作者にも負担してもらう、という形で出版する方法です。一見あまりメリットがないように思われますが、販売において出版社のルートを使用し、多くの書店に自分の作品を並べてもらうことができますし、売れればきちんと印税収入を得ることができます。売れなくてもいいから経験として出版したい、という人にとってはリスクが大きいですが、自分の作品に自信がある人は、出版社の力を借りて大々的に作品を発表することができる、よいチャンスとなるでしょう。
このように、自費での出版にはいろいろな方法がありますので、自分の出版したい作品に合っている方法、またはリスクが少なく売りやすいと感じる方法を選んで検討してみるとよいと思います。

平日は9時~19時まで電話応対いたします。 出版費用は、本の判型、ページ数、発行部数、カラー頁の有無などで異なります。詳細な見積をお出しします。 電子出版でご対応することも可能です。インターネットを利用した自費出版もオススメです。 個人出版、企業出版、自費出版、売れる企画出版致します。 土曜日も営業(9時~15時)しています。 自費出版ならこちら